canvaでクレジット(デビット)カードが登録できないエラーが出る。拒否された時の対処法。

SNSやYOUTUBEを利用する人が増えた今、デザインツールを使う人も急増しており、canvaもそんなデザインツールの一つです。

ただ、canvaで有料素材を購入しようと思っても、クレジットカードの登録ができないケースがあります。

購入前にこのような問題が起これば、せっかくの意気込みも失われてしまいますよね。

そこでここでは、canvaでクレジットカードが登録できない場合の原因・対処法などについて、解説していきます。

canvaでクレジット(デビット)カードエラーが出る原因

canvaでクレジットカード、もしくはデビットカードが登録できずエラーが表示される場合、原因として以下のことが考えられます。

いずれもカード・操作に原因がある要素のため、まずは以下のことを確認してみましょう。

canvaで利用できないクレジットカードを使用した

クレジットカードが登録できない場合、そもそもそのクレジットカードが、canvaでは利用できないものかもしれません。

canvaは海外のアプリですから、対応しているクレジットカードの種類が、日本の感覚とは異なります。

例えば、日本ではVISA・JCBなどが一般的で、それ以外にもdカードなど、さまざまな種類のクレジットカードが使われています。

一方、海外ではAmerican Express・Diners Clubなどが一般的なので、クレジットカード会社の対応の有無が原因で、登録できない可能性があります。

ちなみに、インターネット上では、「3Dセキュア形式のクレジットカードは登録できない」という報告が見られます。

これに当てはまるのは、「dカードゴールド」「Yahoo!カード」などです。

カードの残高が十分になかった

カードの引き落とし口座の残高不足や、利用上限に引っ掛かってしまったことで、クレジットカードが使えない可能性も考えられます。

もっとも、利用上限においては、大抵は50万円・100万円ほどを上限にしている人が多いので、一見すると利用上限に引っ掛かることはないように思えます。

しかし、クレジットカードを使い分けず、1枚のカードのみ使っている人だと、ショッピングの多かった月には考えられる状況です。

また、うっかり引き落とし口座の残高が不足してしまっている可能性もあり、この場合もクレジットカードを使うことができません。

カードの有効期限が切れていた

初歩的な原因として、クレジットカードの有効期限が切れていることも考えられます。

クレジットカードの期限には意外と無頓着な人も多く、カードで確認するのではなく、新しいカードが届いたことで、初めて期限に気づいた経験のある人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードの有効期限が切れた場合、引き落としされないのではなく、そのクレジットカード自体が使えなくなります。

そのため、クレジットカードが使えなかった時には、真っ先に有効期限を確認してみましょう。

入力したカード情報を間違えていた

入力した情報が間違っていることが原因で、クレジットカードが使えない可能性もあります。

16ケタの数字の入力間違いは、漢字のように一目で分かるものではなく、よく見ると間違っている箇所があるかもしれません。

実際、国内のネットショッピングにおいても、「クレジットカード情報を入力してエラー→焦って再確認→入力間違いが発覚」というのは、よくあるケースです。

海外からの購入およびオンライン購入に対応していないクレカだった

canvaは海外のアプリですから、canvaでクレジットカードを使用するということは、海外から購入するということになります。

そのため、海外からの購入に非対応のクレジットカードだと、使うことができないですし、オンライン購入に対応していないクレジットカードの場合も同様です。

canvaでクレジット(デビット)カードエラーが出る原因

上記で解説したのは、クレジットカードのエラーとして基本的な原因です。

まずは基本的な原因の可能性を考え、それでもエラーが解消されない場合は、以下の原因を疑ってみましょう。

過去に支払いが遅れたことがある

過去にクレジットカードを使用して支払いが遅れたことがある場合、それが原因でエラーが表示されることがあるようです。

そのため、canvaでクレジットカードが使えない場合も、同様の可能性を疑ってみた方が良いでしょう。

引き落としの口座に購入した金額以上のお金が入っていれば、支払いが遅れることはありません。

口座に入金して、入金されたことを確認後、再度canvaでクレジットカードの使用を試してみてください。

ブラウザの利用環境が最新の状態ではなかった

ブラウザの利用環境が原因で、クレジットカードが使えないケースもあります。

これは、canvaのクレジットカードに限らず、他の場面においても起こる可能性がある問題です。

インターネット上にはさまざまなサイトが存在しますが、ブラウザが対応していないことで、「項目をクリックできない」「ログインできな」などの不具合が起こることがあります。

このような場合、基本的にはブラウザの利用環境を最新に更新することで解消できますし、複数のブラウザを利用している人は、他のブラウザを使うことで解消できることもあります。

一時的なサイトメンテナンス

運営がメンテナンスを行っていた場合、その間はクレジットカードが使えなくなります。

というより、サイト自体が使えなくなるケースがほとんどです。

この場合は、メンテナンスが終わらないことには対処できないため、待つしかありません。

メンテナンスが原因かどうかを知るには、ツイッターなどで確認するのがおすすめです。

仮に、メンテナンスによってクレジットカードが使えないなら、それは自分だけに起こっている問題ではありません。

「canva 使えない」などでツイート検索して、同じ時間帯に同様の状況になっている人がいたら、その場合はメンテナンスを始めとしたサイト側に原因がある可能性が高いでしょう。

そうでなくても、サイトに何らかの不具合が起こっている可能性があります。

結論:canvaでエラーが出たら、他の支払い方法を利用する

canvaでクレジットカードが使えないエラーが出た場合、まずはここで挙げた原因の可能性を考えて、対処してみましょう。

それでもエラーが解消されなければ、その際は他の方法で支払いすることをおすすめします。

例えば、PayPalを使ってみるのも方法の一つであり、Paypalを経由させてクレジットカード決済にすることで、エラーが表示されなくなるケースもあります。

PayPalは、利用者の代わりに対象の店舗へ代理決済を行い、利用した金額だけ登録したカードや銀行口座から引き落とされる仕組みのため、結果的にクレジットカード払いと同じです。

海外製のアプリは、不具合やエラーなどの対処法を調べるのが難しいので、ひたすら対処法を探すよりは、いっそ対応できる支払い方法で済ませた方がスムーズなケースも多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。