JALの予約ができない時。クレカエラー等で決済できない時の原因と解決方法

こちらの記事では、

・JALで航空券などの予約時にエラーがでる、予約できない、購入できない。

 

・JALで決済できない、決済が進まない、支払いできない。

 

・JALでクレジットカードが使えない。承認されない。

 

・「クレジットカードの承認がおりませんでした」と表示された

 

・「システムエラーが発生しました。誠に申し訳ございません。お手数ですが、しばらくしてからお手続きください。」と表示された

 

・エラーコード「4725、4620、5620」

 

・エラーコード「9015 – 8111」

 

・エラーコード「15610 – 421」

 

・エラーコード「1306 – 39」

 

・エラーコード「9180-8111」

 

・エラーコード「9100」が表示された

 

・なぜか予約が取れない。

上記のような悩みを抱えている人に向けて、解決策を書いていこうと思います。

JALで航空券予約時にエラーが出て予約できない、取れない、購入できない原因

JALで予約時にエラーが出たり、チケットの購入ができない原因と対処法を記載していきます。

この場合、予約エラー時に表示されたエラーコードを知っている人と、知らない人で対処法が変わってきます。

エラー時に表示されたエラーコードの番号がわかる方は、このまま読み進めてみてください。

エラーコードの番号がわからない場合、「JALなどの航空券予約会社などでよくみられる決済エラー原因と解決方法」の項目から読み進めましょう。

ちなみに、クレジットカードを利用してエラーが出た場合は、「JALでクレジットカードが使えない、承認されない原因と解決方法」を参考にしてみてください。

エラーコードがわかる場合

予約ができない時に表示されるエラーコード一覧は下記のとおりです。

「9015 – 8111」

 

「15610 – 421」

 

「1306 – 39」

 

「9100」

 

「9180-8111」

この場合の対処法に関しては、JAL側から公言されています。

各エラーコードと、エラーメッセージに沿った対処法が記載されているので、まずはこちらの内容に一度目を通しておきましょう。

エラーコードが表示された場合の対処法一覧【JAL公式】>>>

上記内容を確認したけど、それでも解決しない。

そもそもエラーコードがわからない場合は、このまま読み進めてください。

JALなどの航空券予約会社などでよくみられる決済エラー原因と解決方法

推奨環境以外で決済を行った

まず最初によくある予約できない原因や、決済エラーの原因がこちら。

JAL推奨環境以外で決済を行った場合です。

JALには、こちらに記載の通り推奨されている動作確認環境というものが存在します。

この環境外で決済を行った場合、エラーが起きてしまうことがあるようです。

確認次第、JAL推奨環境外だった場合は更新を行いましょう。

JALで推奨されている決済環境はこちら【JAL公式】>>>

キャッシュが原因によって予約ができなかった

過去JALのHPに訪れた際のキャッシュが原因で、予約や決済ができなかった場合があります。

この場合の解決方法は非常に簡単。

こちらのページに入り、Ctrl+Shift+Rを押すだけです。

これでキャッシュをクリアしつつ、ページの更新を行うことができます。

スマホの方は、こちらから再決済を行ってみてください。

一時的な通信エラー、サイトメンテナンス

JALで航空券予約時に、一時的な通信エラーが発生した場合があります。

予約の集中する長期休暇前などによくある現象であり、頻繁にみられるエラー要因でもあります。

JALは稀にサイトメンテナンスを行うこともあるので、その場合もエラーが出てしまうようです。

通信エラーなどが原因だと感じた場合は、こちらを確認して通常通り表示された場合は、再度決済してみてください。

決済手続きを行っている間に、他の人が航空券の予約を行ってしまった

航空券予約ボタンを押して決済を行っている間に、他の人が予約完了してしまった可能性があります。

この場合、航空券の所持者は先に決済を行った方のものとなり、同じ航空券は予約できません。

稀にあるエラー原因であり、私も過去に2度体験しました。

また、実際には埋まっている航空券であるにもかかわらず、空いているかのように表示されることもあるよう。

オンライン上であるため、どうしても多少のタイムラグが発生してしまうようですね。

この場合は、その航空券はあきらめて、別の予約を取るしかありません。

「システムエラーが発生しました。誠に申し訳ございません。お手数ですが、しばらくしてからお手続きください。」と表示された

上記メッセージが表示された原因と対処法は、記載の内容通りです。

JALの決済システム側にエラーが発生したため、時間を空けて再決済するしかありません。

この場合、再決済を行う際に行ってほしいことがあります。

それがこちらのページに入り、Ctrl+Shift+Rを押す作業です。

前述したとおり、キャッシュをクリアしつつ更新することができるので、航空券の重複予約などを防ぐことができます。

スマホの方は、時間を空けて再決済する際こちらから行いましょう。

それでも解決しない場合は、JALサポートセンターに連絡を

上記内容を確認してみて、それでも解決しなかった場合は、JALサポートセンターに連絡しましょう。

問い合わせる際、上記内容は一通り確認したことを伝えると、スムーズに事が進むかと思われます。

ちなみに、国内線、国際線に分かれて問い合わせ先が違うので注意してください。

JALサポートセンターに問い合わせを行う【JAL国内線】>>>

JALサポートセンターに問い合わせを行う【JAL国際線】>>>

JALでクレジットカードが使えない、承認されない原因と解決方法

ここからは、JALでクレジットカード支払いができない場合の原因、対処法を記載していきます。

「クレジットカードの承認がおりませんでした」と表示された方も、参考にしてください。

JALの決済システムに対応していないクレカを使用した

使用したクレジットカードがJALの決済システムに対応していなかった場合、正常に決済を行うことはできません。

クレジットカードにはたくさんの種類がありますが、その全てが様々なサービスに対応しているというわけではなく、利用できないクレジットカードというのも存在してしまいます。

ですので、今回利用したクレジットカードがJALに対応していなかったら決済を行うことができないのです。

こちらからJALではどのクレジットカードが利用できるのか確認できるので、決済エラーが出た方はまずは確認するのが良いかと思います。

JALで利用可能なクレジットカードはこちら【JAL公式】>>>

今回の予約でクレカの上限額を超えてしまった

今回のJALの予約でクレジットカードの上限額を超えてしまった場合も決済エラーが生じてしまいます。

クレジットカードの上限額の確認のためには場合によっては直近2ヶ月まで遡る必要があったりします。

これはクレジットカードの利用可能額の更新が支払いのタイミングが理由になっています。

「最近家電や趣味にお金を使いすぎたな,,,」「旅行などの大きなイベントがあったな,,,」もしこれらに似たことにも心当たりのある方は、こちらの原因の可能性が高いのですぐに利用明細を確認してみましょう。

急いでJALで予約をしたいという場合は、別のクレジットカード他の支払い方法を選択しましょう。

JALで利用可能なクレジットカードはこちら【JAL公式】>>>

JALで利用可能な支払い方法はこちら【JAL公式】>>>

クレカの有効期限が切れてしまっている

使用したクレジットカードの有効期限が切れてしまっていると決済を行うことができません。

有効期限とは、基本的にクレジットカードの表面に表示されているもので、決済するために必要な項目になっているものです。

こちらの有効期限が切れていると当然のことながら決済を行うことができません。

ただ、こちらの原因は普段からクレジットカードを利用している方にはほとんど見られない原因だと思います。

頻繁にクレジットカードを利用しない方でもしかしたらと感じた方は確認してみましょう。

カード会社に連絡をして更新して利用することは可能ですが、少し時間がかかることがあるので注意が必要です。

そのような方で予約を早くしたいという方は、他の支払い方法を選択するのが良いかと思います。

JALで利用可能な支払い方法はこちら【JAL公式】>>>

3Dセキュアによって一時的にロックされた

3Dセキュアによって一時的にカードをロックれたことによる決済エラーの可能性があります。

深夜(0時〜6時)の間に決済をした、5万円を超えるような高額な決済を行なった、初めてJALでクレジットカードを使用した、これらに該当する場合は、一時的にカードをロックされた可能性が高いです。

ただこの機能は、第三者の不正利用を防ぐものになっているためあまり心配をしなくても大丈夫かと思います。

カード会社から連絡が来ているはずなので、そちらの案内に従いましょう。

予約を急いでいる方は、他の支払い方法を選択しましょう。

JALで利用可能な支払い方法はこちら【JAL公式】>>>

入力・登録した住所とクレカに登録した住所に違いがあった

JALに登録している住所などの情報とクレジットカードに登録してある住所などの情報が一致しない場合も決済エラーが出てしまうことがあります。

元々クレジットカードは名義人と同じ名前でないと使用できないことは多かったのですが、それ以外の情報である住所なども一致していなければならないこともあるようです。

こちらの原因に当てはまってしまう方は、そもそもそのような機能が付いているクレジットカードを使用してたり、引っ越しをしたのにクレジットカードの情報変更を行なっていない方に起きやすいものかと思います。

心当たりのある方は、クレジットカードの登録内容を変更しましょう。

また、JALの登録内容を変更したい方は、こちらから変更すると良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です