一休でオンラインカード決済エラーを解決する方法

こちらの記事では、

・一休でクレジットカードが使えない、エラーが出てしまった

 

・一休でオンラインカード決済できない、失敗する

 

・一休で空室やレストランが予約できない

 

・「カード認証に失敗しました」と表示されてしまう

 

・「クレジットカード情報が、認証エラーとなっています。」と表示された

 

・楽天カード等の一般的なクレカが使えない

 

・デビットカードが使えない

上記のような悩みを抱えている人に向けて、解決策を書いていこうと思います。

一休でクレカ、オンライン決済できない原因と対処法一覧

まず最初に、一休でクレジットカードエラーが出る原因と対処法を記載していきます。

他の決済方法でエラーが出てしまい、予約できなかった場合は、引き続き読み進めてみてください。

一休では利用不可能なクレジットカードを使用していた

まず最初に確認したい内容がこちら。

一休で決済を行ったクレジットカードが、一休の決済端末に対応していたかどうかです。

出典:一休で利用できるクレジットカード一覧【一休公式】

一休では、上記画像の通り、VISA / Mastercard / Diners Club / JCB / American Expressの5種類のカードを使用できます。

これら以外のクレジットカードを使用した場合は、当然のことながら決済エラーが出てしまうので注意が必要です。

※稀に、上記ブランドのクレジットカードを使用した場合でも、エラーが出てしまうことがあるようです。

クレジットカード決済に関する注意点やさらなる詳細に関しては、こちらから確認することができます。

エラーで決済失敗した方は、一度目を通しておくことをおすすめします。

クレジットカード決済に関して【一休公式】>>>

※上記より「一休.comに関するお問い合わせ」のページに飛んだ場合は、検索欄で「クレジットカード」と入力することで確認できます。

一休側が推奨している環境以外で決済を行った

一休には旅館予約や決済に推奨している環境というものが存在します。

この推奨環境以外で決済を行うと、エラーが出てしまうようです。

出典:推奨ブラウザに関して【一休公式】

クレジットカード以外の決済を使用した場合でも、この推奨環境外だとエラーが出るので注意が必要です。

もし自身のブラウザやOSが環境外ということが分かった場合は、更新を行いましょう。

一休推奨ブラウザ環境の確認はこちら【一休公式】>>>

※上記より「一休.comに関するお問い合わせ」のページに飛んだ場合は、検索欄で「推奨環境」と入力することで確認できます。

オーソリ処理時に第三者不正利用防止機能が働いた

カード認証手続き(オーソリ処理)を行った際に、3Dセキュア(第三者不正利用防止機能)が働いた場合も、決済エラーが起きてしまうようです。

・深夜(0時~5時)の間に一休で予約を行った

 

・初めて一休でクレジットカードを使用した

 

・使用したクレジットカードは数カ月ぶりに使用するものだった

・10万を超える決済を一括でおこなった

上記条件に心当たりがある場合は、注意が必要です。

また、楽天カードや、Yahoo!カードエポスカードは、特に3Dセキュアの機能が強く反応してしまい、これらの理由で決済できないことが多々あるようです。

一時的にクレジットカードが使用できなくなるだけであり、クレカ公式サイトからロック解除することができるので、もし第三者不正利用防止機能が働いたと感じた場合は、クレカ公式サイトを確認してみましょう。

公共料金等の支払い遅延等によりクレカがロックされている

過去に公共料金等の支払い遅延を行ったり、家賃の滞納等を起こした場合など、何らかの理由でクレジットカードが使用できなくなっている場合も、決済エラーが出てしまいます。

一般的にはクレジットカードの差し押さえと呼ばれるものですが、気づかず内に差し押さえられていることも多々あるようです。

そういえばクレカの引き落としができていなかったな….と感じた場合は、注意が必要です。

一休に登録した情報とクレカに登録した情報に相違があった

一休に登録、もしくは予約時に入力した情報(住所や郵便番号等)と、クレジットカードに登録している情報が違う場合も、クレジットカードエラーが出てしまうようです。

最近引っ越しを行ったり、引っ越しした後に一休、クレカどちらかの情報を更新していないと感じた場合は注意が必要です。

また、今回予約時に初めて一休で情報を入力した方の場合は、単純に入力ミスを起こしてしまった場合があります。

一休に登録している情報を確認する場合はこちらから確認することができます。

クレカ側の情報が間違っていると感じた場合は、クレカ公式HPから確認しましょう。

一休に登録している情報の確認はこちら【一休公式】>>>

入力ミスにより再決済を行う場合はこちら【一休公式】>>>

「クレジットカード情報が、認証エラーとなっています。」と表示された場合

「カード認証に失敗しました」「クレジットカード情報が、認証エラーとなっています。」などの表示が出て、決済できなかった場合。

この場合も上記に記載した、一休でクレカ、オンライン決済できない原因と対処法一覧を自身で調べてみてください。

もしすでに上記方法を試していた場合は、他の支払い方法を利用するか、一休カスタマーセンターに問い合わせましょう。

出典:エラーコードが出た場合【一休公式】

上記画像の通り、エラーコードやエラーコードが表示された場合は、カスタマーセンターに問い合わせることで、対応してくれるようです。

電話メールどちらかの問い合わせ手段を選ぶことができるので、自身が利用したい方法で問い合わせを行いましょう。

一休カスタマーセンターへの窓口はこちら【一休公式】>>>

一方で、「問い合わせるのが面倒だ」「手っ取り早く解決したい」このような方は、一休で利用できるクレカ以外の支払い方法で決済を行いましょう。

クレジットカード決済以外の方法をとることで、すんなりと解決することが多いです。

急いでいる方は、こちらの方法をとることをおすすめします。

一休で利用できる他の支払い方法はこちら【一休公式】>>>

一休で空室(レストラン等)なのに予約できない場合

ここからは、そもそも一休で予約ができない際の原因と対処法を記載していきます。

なぜか空室なのに予約できない、レストランすら予約エラーが出てしまう。

こういった状況に陥った方は参考にしてください。

キャッシュによる何らかのエラーにより予約できなかった

過去に一休へ訪れた際のキャッシュが原因で、決済エラーが起きてしまった可能性があります。

この場合の解決方法は非常に簡単です。

こちらのページに入り、Ctrl+Shift+Rを押すだけですね。

この方法で更新することで、キャッシュが原因による決済エラーは解決するはずです。

スマホの方は、こちらから再度決済を行ってみてください。

一休側で決済のタイミングで通信エラーが発生した

一休は需要期やゴールデンタイムにアクセスが集中してしまうことがあり、それによって通信エラーが発生してしまうことがあるようです。

決済のタイミングで通信エラーが発生してしまった場合は、当然のことながら予約することができず、決済エラーとなってしまいます。

この場合は、時間をおいてから再度決済を行うしかありません。

通信エラーが起こった際は、トップページすら表示されないので、現在も通信エラーが続いているかどうかこちらから確認してみるのも良いでしょう。

決済前は空室だったが、決済している途中に予約が入ってしまった

タッチの差で他の人が予約してしまったことによって、自身が予約できない場合もあります。

どうしてもオンラインで予約管理を行っている分、空室表記が変更されるのにタイムラグがあったり、同時に予約開始ボタンを押して、他の人の方が先に決済を行ってしまう可能性もあります。

上記2点の原因、対処法を試しても解決しなかった場合は、この可能性を疑ってみましょう。

もし他の人に予約された場合は、キャンセルを待つ諦めて他のホテル、レストランを予約するしかありません。

それでも解決しなかった人へ

それでも解決しなかった場合は、やはり一休カスタマーセンターに問い合わせるか、他の支払い方法を利用しましょう。

一休カスタマーセンターへの窓口はこちら【一休公式】>>>

一休で利用できる他の支払い方法はこちら【一休公式】>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です