ケースティファイで決済できない、クレカが使えない原因と対処法

こちらの記事では、

・ケースティファイでクレジットカードが使えない、クレカエラーが出る

 

・ケースティファイで決済できない

 

・スマホケースが購入できない

 

・「クレジットカードに問題があります。カードセンターまで電話でお問い合わせください」と表示された

上記のような悩みを抱えている人に向けて、解決策を書いていこうと思います。

ケースティファイでクレジットカードが使えない原因・解決方法

ケースティファイとは、スマホケースや電子アクセサリを設計および製造する、香港を拠点とする会社です。

世界3台アクセサリーショップの一つと呼ばれていますが、どうやらたびたび決済エラーが確認されているようですね。

ケースティファイでの決済エラーの主な原因は、海外の決済システムと日本のクレジットカードとの相性の悪さです。

日本のクレカのセキュリティレベルは非常に高いため、他の海外ショップでも同様のエラーが出ることが確認されています。

そのため、手っ取り早い解決方法としては、クレカ以外の支払い方法を利用することとなります。

ケースティファイで利用可能な支払い方法一覧【ケースティファイ公式】>>>icon

とはいえ、どうしてもクレジットカードを使用して買い物したい人もいるはずです。

下記より対処法をまとめてみましたので、クレカで買い物したい人は読み進めてみてください。

ケースティファイの決済システムに対応しているクレカを使用する

ケースティファイでは対応しているクレジットカードが7種類あります。

使えないクレジットカードとしては、

①海外で発行したクレジットカード

②3Dセキュア(本人確認サービス)に対応していないクレジットカード

③購入者以外の名義のクレジットカード

以上3点に一つでも該当するものがあれば、クレジットカードでの決済はできません。

使用できるクレジットカードに関しては、

ケースティファイで利用可能なクレジットカード一覧【ケースティファイ公式】>>>icon

クレカの上限額を確認する

クレジットカードの上限額を確認してみましょう。

クレジットカードは各社ごとにアプリで管理しているものがほとんどのため、

アプリにて上限額を確認することが一番楽な方法です。

上限額とはクレジットカードを契約する際に初めに設定する金額のことを指します。

10万円と設定していた場合は10万を超える金額のものを決済できませんし、

月に5万までという設定をしている場合は、月に累計で5万を超えてしまう買い物をしてしまうと決済できません。

上限額に達している場合は、クレジットカードのアプリから上限額引き上げの打診をしてみましょう。

もしくは臨時振り込みにて、利用可能額に十分な空きを付けてからクレジットカード決済をしましょう。

クレカの有効期限を確認する

クレジットカードの有効期限を確認してみましょう。

賞味期限や消費期限などと同じようにクレジットカードにも有効期限というものがあります。

確認方法はカード本体の表面を確認するだけです。

12桁のクレジットカード番号の下に〇〇/△△といった項目があります。

例えば、06/24であれば、2024年6月がそのクレジットカードの使用期限になります。

確認を行い、使用期限が切れている場合はそのカードは一切のクレジットカードの機能を失っています。

すぐに更新の手続きが必要ではありますが、使用期限が切れる前にクレジットカード会社から新しいクレジットカードが届く場合はほとんどな為、

家にある書留を探して新しいクレジットカードを使用するようにしましょう。

※家にない場合や捨ててしまっていた場合は、クレジットカード会社に連絡を取り、再発行の手続きをする必要があります。

3Dセキュアによってクレカがロックされていないか確認する

3Dセキュアの認証の失敗によって、支払いができないことはよくあります。

その際にやるべきことは3つあります。

①再度3Dセキュアの解除を試みる

純粋に指紋認証や虹彩認証に誤りがあった場合や、単純にパスコードの入力ミスの可能性もあります。

②違うブラウザで3Dセキュア解除を試みる

OSやブラウザの問題で3Dセキュアがうまく作動しないことは多くあります。またパソコン自体を再起動する方法もあります。

③クレジットカード会社に問い合わせる

①と②で3Dセキュアにエラーが生じるようであれば、クレジットカード会社に直接問い合わせましょう。

早期解決につながります。

クレカ番号やセキュリティコードの入力ミスを疑う

クレジットカードの情報入力の際に、誤って数字を入力していないか確認しましょう。

12桁からなるクレジットカード番号と、3桁のセキュリティー番号。

二つの項目を入力するだけでも15桁の羅列した数字を入力しなければいけません。

入力ミスをしない人間なんて存在しません。間違いが確認できればすぐに訂正すればいいのです。

1から確認し、指差し確認で数字があっているか試しましょう。

 

それでも解決しない場合
上記対処法を試しても解決しなかった場合は、他の支払い方法を利用するか、ケースティファイサポートセンターに問い合わせを行いましょう。

 

個人的に、ケースティファイサポートセンターへの問い合わせはレスが遅いという声が多くみられるので、他の支払い方法を利用することをおすすめします。

 

「PayPalでの支払い方法に変更したらすんなり決済できた」という声も多くみられるので、試してみてください。

 

ケースティファイで利用可能な支払い方法一覧【ケースティファイ公式】>>>

ケースティファイサポートセンターへ問い合わせを行う【ケースティファイ公式】>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です