Qoo10で決済できない!?クレカやPaypalでエラーが出る時の対処法がこちら

こちらの記事では、

・Qoo10でクレジットカードエラーが出てしまった

 

・Qoo10でクレジットカードが使えない

 

・クレカが使えない、購入できない

 

・デビットカードで購入できない

 

・LINEPayで払おうとしたらエラーコードが出てしまった

 

・Paypalが使えない

 

・エラーコード「-10018」「-50」「G12」「a03」「P0」「在庫不足」のせいで購入できない

 

・Qoo10でなかなか決済ができない

 

・エラーコード 90009がでて買い物できない

 

・クレジットカード(jcb,visa)が使えない

 

・ラインペイが使えない

上記のような悩みを抱えている人に向けて、解決策を書いていこうと思います。

LINEペイで決済できない方は、「Qoo10でラインペイが使えない原因と対処法」を。

suica決済できない方は、「Qoo10でsuica決済できない原因と対処法」を読み進めてみてください。

Qoo10で決済できない時の対処法

今すぐ解決したい人へ
Qoo10で決済できない場合、クレジットカードエラーが出る場合。すぐに問題解決したい方は、ひとまずこちらから解決方法を探ってみてください。

 

決済エラーになった際の対処法が書かれています。

 

もしそれでも解決しないのであれば、引き続き読み進めてみてください。対処法を掲載していきます。

 

Qoo10でクレジットカードエラーになった場合【Qoo10公式】>>>

 

※上記リンクをクリックした際、「ページを開けません。アドレスが無効です。」と表示されても問題ありません。

OKを押すか、2~3秒待つと表示されるようです。

まずはQoo10で利用できる決済方法、クレカだったか確認する

Qoo10で購入できない、決済できない、クレカエラーが出てしまった時に、まず最初に確認する項目がこちら。

Qoo10で利用できる決済方法、クレジットカードを使用したか確認することです。

Qoo10では13種類の支払い方法に対応しているのですが、稀に一時的に使用できなくなるものも存在します。

決済サービス側のサーバー調整や、何らかの不具合により利用できないパターンです。

その場合は、こちら各支払い方法の利用可否情報が記載されるので、まずは自身が使用した支払い方法が含まれているか確認してみてください。

支払い方法利用可否情報を調べる【Qoo10公式】>>>

もしクレジットカードを使用して決済したがエラーが出てしまった場合は、Qoo10で使用できるクレジットカードだったかどうかを調べます。

3種類のクレジットカードに対応しているので、自身のカードが含まれているかこちらから確認しましょう。

Qoo10で利用可能なクレジットカードはこちら【Qoo10公式】>>>

クレカの上限額を改めて確認してみよう

次に確認してほしい項目は、クレジットカードの上限額に達してしまっていないかどうかです。

単純に先月、先々月とクレカを利用しすぎた場合に、今回の注文で上限額に達してしまった可能性があります。

心当たりがある場合は、確認することをオススメします。

解決策

もしこちらの条件に当てはまるようであれば、対処法は3つほど存在します。

・クレジットカードの上限額を引き上げる

・他のクレジットカードを利用する

・他の支払い方法を利用する

もし上限額によるエラーではないと判断した場合は、下記の対処法を読み進めてみてください。

 

Qoo10で支払いできる支払方法一覧はこちら>>>

クレジットカードはきちんと更新されているか?

クレジットカードの利用期限が更新されていない場合も、クレカエラーになってしまいます。

クレカ情報を入力する際に気づくかと思いますが、意外と見落としていることもあるようです。

改めてカード表面より確認してみましょう。

解決策

この場合も、クレカの利用期限を更新するか、他のクレカ、支払方法で決済するしかないようです。

各クレジットカード会社の公式HPにログインし、確認してみてください。

一時的な通信エラーで決済ができなかった可能性あり

出典:https://www.qoo10.jp/

上記Qoo10公式にも記載のある通り、一時的な通信エラーにより決済ができなかった場合があります。

この可能性も考慮しておきましょう。

解決策

その場合は、再度こちらより商品の購入を行います。

その際注意すべきポイントが一点。それは、注文が重複してしまっていないかどうかです。

重複注文を回避する方法に関しては、こちらのMyQoo10から自身の注文状況をチェックすることで可能となります。

クレジットカードの不正防止セキュリティが発動した?

Qoo10でクレジットカード決済を行なったタイミングが深夜だったり、高額な注文を一度に行なったり、初めて使用するクレジットカードだったり。

そのような場合に、クレジットカード側の不正防止セキュリティが発動してしまう場合があります。

特に楽天カードyahooカードを利用した場合に多く起こる現象であり、これらのカードを利用した方は注意が必要です。

解決策

この場合は、各クレジットカードに問い合わせを行い、セキュリティ解除してもらうしかありません。

楽天カードの不正利用防止機能フィルターを解除するには下記、楽天e-NAVIから解除することができます。

楽天e-NAVIでフィルター解除>>>

Yahooカードの不正利用防止機能を解除するには、本人認証サービスの設定が必要となります。

まだ設定が完了していない場合は、下記のページから確認してみてください。

Yahoo!カードヘルプ(Yahoo! JAPANカード)本人認証サービス(3Dセキュア)について>>>

Qoo10で購入時に入力漏れや記載ミスの可能性あり

Qoo10でクレジットカード情報を入力した際に、入力漏れがあったり、記載ミスがあったりした可能性はございませんか?

この場合もクレジットカードエラーの発生に繋がることがあります。

カード番号を間違っていたり、カード裏面に記載されているセキュリティコードが間違っていたり。

意外とよくあるミスらしいので、心当たりがある方は再度こちらから注文を行いましょう。

注意
上記の「一時的な通信エラーで決済ができなかった可能性あり」と同様、再注文を行う場合は重複注文に気を付ける必要があります。

この場合も、こちらのMyQoo10から自身の注文状況をチェックしてから購入するようにしてください。

アクセス障害による一時的なエラー

Qoo10では稀にアクセス障害が発生してしまうようです。

この際、一部決済手段が利用できなくなるとのことで、前回はLINEペイが使用できなくなっていました。

このように原因不明なエラーが出てしまう場合があるようですが、時間がたてば解決するようです。

今一度こちらから普及しているかどうか確認し、場合によっては再注文してみてください。

Qoo10でラインペイが使えない原因と対処法

シークレットモードやプライベートモードのブラウザで決済した

ブラウザのシークレットモードやプライベートモードで決済をした場合も、ラインペイは使えません。

通常のブラウザに切り替えてからラインペイで決済を行いましょう。

チャージ残高不足だった

そもそもLINEペイ側の残高不足だった場合も、エラーが出てしまいます。

最近LINEペイを使いすぎていた場合や、今回のQoo10での買い物で利用上限を超えてしまった場合等、心当たりがある場合はチャージを行いましょう。

 設定がLINE Cashアカウントになっている

LINEペイアカウントの種類が、LINE Moneyではなく、LINE Cashになっている場合も、エラーが出てしまうことがあるようです。

自分のアカウントタイプは、LINEペイの設定画面から確認できます。

LINE CashからLINE Moneyアカウントにするには、本人確認が必要となります。

本人確認を行うことでセキュリティ面の強化にもつながるので、確認してみてください。

現在、期間限定でLINEペイクーポンが配布されています。

 

無料で受け取ることができるので、ぜひ利用してみてください。

 

LINEPayクーポンの取得はこちら

Qoo10でsuica決済できないときの対処法

Qoo10が公言しているsuica決済利用方法を確認してみる

suica決済できない原因は、上記のLINEペイと同じく、チャージ残高不足シークレットモードでの決済などが挙げられます。

ただ、どのような場合も、一度Qoo10側が公言しているsuica決済利用方法を確認してみましょう。

suica決済を行えない事例などが記載されているので、役に立つかと思われます。

もしそれでも解決しなかった場合は、下記の問い合わせセンターに連絡するか、他の支払い方法を利用しましょう。

それでも解決しなかった人へ
上記の対処法を全て試してみても、なぜ決済できないのかわからない場合。そのような場合は、Qoo10問い合わせセンターに決済できないことを伝えましょう。

 

その際、上記全ての項目を試してもうまく購入できないことを伝えることで、サポート側もスムーズに解決できるようになります。

 

みなさんがスムーズに解決できることを願っています。

 

Qoo10問い合わせセンターはこちら>>>

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です